Home 2006年7月 2004年7月 2003年10月 2002年6月 2001年6月 2000年11月 2000年7月

Get back to Yaima!

3〜4月の忙しさが嘘のような平和な日々が続く5月。残業もあまりしないようにと会社からのお達しもあった。7〜9月の間で1週間夏季休暇が取れる。よし、7月初旬に夏休みを取って石垣に行こう。昨年は結局行けなかったもんなー。

さっそくJALのホームページにアクセスしたのだけれど、7月前半分の直行便は既に満席で那覇経由も結構満席が多い。何とか5日に行って12日に帰ってくる航空券を予約した。マイレージの航空券は往路しか空いていなかったので復路は早割りで購入。石垣島は人気がある。

そりゃそうだ。ちょうど梅雨が終わり、海は穏やかだし、台風も少ない。ちょっと確率は下がるがマンタも見れる。そしてこの時期はマンゴーやパインのベストシーズンで食べ物もおいしい。石垣を旅行するなら6月後半から7月前半に行くのがベストだと思う。

行くと決まったら気になるのが機材の調子。水中カメラセットも当然ながら使っていない。
Nokonos V の2灯仕様は前回、なかなかよかったので今回もYS90はマンタ用にしよう。長年愛用したYS300は引退。専用バッテリーがもう手に入らないのでしょうがない。新たにマクロ用に何かストロボを追加しようと久々に心斎橋の"海の写真屋さん"を訪れた。

驚くことにラインナップががらりと変わり、デジカメ一色になっている。1年でこうも変わるのか。Sea&Seaのカタログを見てもデジカメ向け製品にシフトしている。ストロボもフィルム用のものは生産完了のマークがついているのも多い。でもまだまだフィルムでがんばるぞ。マクロ用にYS30を2個購入し、これで準備は完了だ。

荷物を発送しようとしていた1日の天気図では何やら不吉な赤い丸印が下の方に現れた。よりによってこんな時に来るなよなー。進路はまだわからんけど影響がでるのは確かだ。これって厄年ってこと?

まぁ、こんな時もあるか。少しは潜れるやろう。